レディースローン 専業主婦

個人事業主や会社経営者の方は、消費者金融や銀行カードローンだけでなく、公的機関のキャッシングも利用できる場合があります。

 

国による融資制度や県・市区町村による融資制度がありますので、その利用も検討してみることができます。

 

公的機関からのキャッシングは、消費者金融や銀行カードローンとは異なり、いくつかの特徴がありますので、ここで紹介したいと思います。

 

 

■事業者向けの融資制度

 

公的機関のキャッシングは、主に事業者向けの融資制度になっています。

 

住宅供給を目的とした国民金融公庫などもありますが、ベンチャービジネスの立ち上げに特化したもの、運転資金を供給する目的のキャッシングなどもあります。

 

このような制度活用するメリットは、カードローンよりも金利が安いことです。

 

金利の負担を抑えて融資を受けることができますが、その一方で、担保や保証人が必要になることが問題となる場合があります。

 

通常は、会社代表者や個人事業主の方が連帯保証人となるケースが多く、手続きに時間かかることもあります。

 

公的機関のキャッシングの説明を確認した上で利用するのが望ましいといえます。

 

 

■ビジネスローンの活用も!

 

会社経営者や個人事業主の方は、公的機関でキャッシングだけでなく、ビジネスローンを活用することもできるでしょう。

 

ビジネスローンは会社経営者や事業主をサポートするためのサービスで、担保や保証人なしで融資が受けられるのが一般的です。

 

また、申し込んだその日のうちに融資を受ける即日融資が可能な場合もありますので、急ぎの融資にも対応できる、という特徴があります。

 

 

■カードローンもあわせて活用!

 

事業を起こされている方は、これらの公的機関の融資制度、ビジネスローン、カードローンを上手に活用することが求められます。

 

代表者個人が利用するカードローンに合わせ、事業資金の調達のためのビジネスローンや公的機関を利用します。

 

選択肢が多くあることで迷うかもしれませんが、資金の調達先は多くあるに越したことはありません。